シフトワークの基本について

| バイクのテクニック |

バイクはシフトワークが大切

バイクはオートマの車と違い、ほとんどの原付以外は走るときはギアチェンジが必要です。
それはスピードにあわせて最適な減速比を得るためにシフトチェンジをします。
低いギアほど速度は遅く力がある、高いギアほど速度が速く力は弱いということになります。
発進時はローギアで力強く発信し、高速道路ならトップギアで速く走るのです。

このようにシフトワークをスムーズに行えれば、道の状況に応じて最適にバイクを走らせることが出来、快適なツーリングが出来ます。
ギアチェンジを行うには、スロットルにクラッチにチェンジペダルと、いくつかの部分を操作しなければならず、無駄に動かすと雑なシフトワークとなり、バイクにも負担をかけます。
スムーズに行えばバイクへの負担も減るのです。

スムーズなシフトワーク

スムーズにシフトワークを行うときは以下の順に行います。

・発進や加速
発進するときは滑らかにクラッチを繋いで、バイクが発進したらステップに足を乗せてシフトアップする準備をします。
加速していくとギアを高いギアにしていくので、足先はペダルの下に入れたままにします。
状態は前屈みで前進に備えましょう。

・減速や停止
停止時は前後のブレーキを使い、速度を落としていき、速度が遅くなったらシフトダウンします。
速度が高いままだと回転数が上がっているので、ぎくしゃくした感じになります。
停止時はエンジンブレーキも使用して、停止直前にクラッチを切るようにしましょう。

クラッチやスロットルの操作

クラッチを繋ぐときは、動力をカットすればいいので、レバーを全部握る必要はなく、じんわりと繋ぐのがポイントです。
発進時は繊細に、半クラッチまでは速やかに持っていき、発進したら丁寧にリリースします。
クラッチを全部握ると、繋ぐタイミングがわかりにくくなり、指も疲れます。
また雑に繋ぐとバイクの挙動も乱暴になり、発進時のエンストや減速時のリアホッピングに繋がります。
これは特に信号待ちの時に注意すべきであり、信号待ちから発進するときに、クラッチ操作を誤ってエンストすると、転倒したりして恥ずかしい思いをします。

シフトアップするときはスロットルを戻します。
スロットルを完全に戻していないと、クラッチを切るとエンジン回転数が上がり、バイクがぎくしゃくします。
ペダルに足先を当てておけば、スロットルを戻すと同時にギアが入ります。
雑にガチャガチャやったり、力一杯かきあげる必要はありません。
シフトアップのタイミングは、トルクが最大トルクになる前にギアチェンジするとスムーズにいきます。
たとえば最大トルクが5,500rpmならば、4,500rpmぐらいでギアチェンジするのが良いです。