バイクのライディングフォームについて

| バイクのテクニック |

ライディングフォームはバイクの安定に重要

バイクを安定させて安全に乗るには、ライディングフォームはとても重要です。
特にバイクは2輪車なので、フォームが崩れて、少しでもバランスが崩れると転倒することもあります。
またバイク自体の重量もあるので、一度バランスを崩すと立て直すのは大変です。

バイクに乗ると人は体の下半分でバイクを操作しているように見えますが、膝や太ももなどが重要であり、更にはハンドルを握る姿勢も重要です。
太ももはタンクを挟む程度に軽く触れておき、必要に応じて膝やかかとなどに力を入れて操作します。

上半身もバイクを安定させるには重要であり、上半身もいつも緊張してガチガチに力を入れていては、柔軟にバイクを操作できません。
リラックスしておき、無駄な力を入れずに、ステアリングを自然に操作できる状態にしておきます。
下半身を安定させた上で、上半身はリラックスしましょう。

ライディングフォームのポイント

まずはリラックスしてバイクに乗ります。
上半身はリラックスさせて力を抜き、目線は高く、腕は軽く曲げて背中を伸ばします。
座る位置も重要であり、ステップに立ってそのまま腰を下ろします。
緊張して肩に力が入ると、腕や手も力が入り、ハンドルを力一杯握ることになります。
この状態では柔軟にバイクを操作出来ませんので、緊張していると感じたら、深呼吸するなどして、リラックスさせましょう。

タンクは内股全体でホールドして、それにより上体を安定させます。
ただしガチガチにきつくホールドする必要はなく、少し太ももなどが動くぐらいの感じで軽くホールドすれば良いです。
逆に膝などが開いていると、バイクがバランスを崩したりしたときに、上体を安定させられずに、そのまま振り落とされることもあります。
力一杯ホールドする必要はありませんが、バランスが崩れたときに対応出来るぐらいにしておいた方が良いです。

かかとも車体にぴったりと当てておきましょう。
こうすることで、バイクとの一体感が得られます。
バイクにはヒールプレートが付いているので、ここにかかとを乗せましょう。
ステップになんとなく足を乗せておくだけでは、必要なときにステップに力が入らず慌てることとなります。
つま先が路面などにひっかかることもあり、危険です。

ハンドルは自然に任せて動くように軽く握るぐらいにしておき、力一杯抑えつけるようなことはしないようにします。
バイクの流れに任せる感じでハンドルを握ると、スムーズに進めます。
グリップを握るときも、外側から包み込むように柔らかく握ります。
まっすぐ前に押すような感じでグリップを握ると、肘がしぼられたような状態となり、自然なステアリングを妨げます。