Uターンの上達方法

| バイクのテクニック |

シートの位置で小回りをきかせる

Uターンは大型バイクになるほど難しくなり、短い距離をターンするほど難しくなります。
しかしバイクに乗れば狭い路地などでもターンしないとなりません。
小さく小回りでターンするなら、バイクを曲がる方向に傾けて、シートの座る位置を外側にするリーンアウトがおすすめです。

曲がろうと体も内側に傾けると、そのまま倒れてしまうこともあります。
そのために、バイクを内側に傾けてその方向にターンするのです。
曲がろうとする手前でおしりを浮かせて、シートの外側に座り体勢を変えます。

そしてその時に大切なのは、顔の向いている方向です。
Uターンするときは、不安からバイクのすぐ先や足下を見てしまいますが、目線が近いと転びやすいです。
常にバイク3台分ぐらい先を見るようにします。
そしてUターンが終わる頃になったら、ターンの終わる最終点をしっかり見て確認します。
顔だけをターンする方向に向けるのではなく、肩などもそちらに向けましょう。

無理にハンドルを切らない

Uターンして曲がると思っても、無理にハンドルを切るのではなく、バンクすることで自然にハンドルが切れて曲がっていくということになります。
バイクは曲がると自然にハンドルも切れるという特性があるので、それを利用します。
無理にハンドルを切ると、慣れていないとバイクを安定させられず転倒します。
バイクをまっすぐ発進させて、バンクさせるとハンドルも切れていくので、それに任せます。

クラッチミート

Uターンで転倒することが多いのは、エンストする場合やスロットルを煽って駆動力を失うような場合が多いです。
ターンして旋回するときはスピードは遅くなりますが、バイクを進ませるためにエンジンパワーが必要となるのです。
スロットルを開けたり閉めたりすると、馬力が増減はしますが、進むのに必要なクラッチを繋ぐことが出来なくなります。

まずは直線道路で、クラッチミートの練習をすべきです。
Uターンが出来ない人は、クラッチもスロットルもブレーキの操作も適当であることが多いので、ターンでも的確な操作ができずに転倒してしまいます。
そこでエンストしても転倒しないまっすぐな道でクラッチミートの練習をしましょう。
これができるようになると、安定したUターンを行う基本操作は身につけたことになります。

そしてUターンでは、多くの場合は半クラッチが必要となることが多いので、その練習をして半クラッチでターンできるように目指しましょう。
いつでも安定して半クラッチに出来ることも、スムーズなライディング繋がります。
そして半クラッチが出来るようになると、Uターンで必要なクラッチとスロットルとブレーキを連携した操作への道が見えてきます。